隣の家の香田湊は、俺・有馬航平の幼馴染みだ。

毎朝、ベランダの窓から入ってきて俺を起こしてくれるが、
俺は湊を女性としては見ていないし、
湊も俺のことを男性としては認識していないだろう。

俺たちの関係は、あくまでも幼馴染みであり、
それ以上でもそれ以下でもなかったのだが――。

今朝、いつものように二人で駅へ歩いていた時の事だった。

「えっちって……気持ちいいのかな?」

かつて、湊とこのような話題になったことはない。
さんざん返答に迷ったあげく……

「そんなに気になるなら……俺としてみる?」

なんて言ってみるも、恥ずかしさで顔が熱くなった。
突っ込まれたり、無視されるかと心配していると、
湊はこう言った。

「航平となら……いいかな」

――……それから今まで、俺はその言葉の真意を考えていた。
単なる冗談だろうか。あるいは、俺をからかっているのだろうか。

もやもやしつつ俺はベッドに入った。
そして、眠りにつこうとしたその時、
ベランダの窓が開く音がした。

「しよう……えっち」

Microsoft社にてサポートが終了しているWindowsOS については、
下記の公式サポート窓口へお問い合わせください。

WEB SERVICE BY FANZA