宮野彩(27)と夫・陽一(28)は
土地勘のない郊外の住宅街に越してきてすぐの転勤族。

陽一を愛している専業主婦の彩だったが、
その夫は仕事で忙しく、性生活のほうも早漏気味で、
ほんの少しの孤独と寂しさを抱いていた。

彩は見るからに好々爺の隣人・武田から
地域のことや料理を教えてもらうなど親切にされ、
あだ名で呼ぶほど心を許し夫の不在中家に入り浸ってしまう。

「ていうか…男だよ?一人暮らしだよ?」
「大丈夫だって!おじいちゃんだもん!」

陽一の心配をよそに屈託なく笑う彩。

そして陽一に三日間の出張の日がやってきて…。
完全に信頼しきっている彩の豊満な肉体に、
隣人のいやらしい毒牙が忍び寄る…!


本編50ページ、モノクロコミックです。
WEB SERVICE BY FANZA