◇あらすじ

(今日もきれいだよなあ、お姉さん……)

それなりの進学校に通ってはいるものの、
成績が優秀な方ではない僕は毎日が憂鬱で、ため息ばかりついていた。

でも、最近は少しだけ違う。

僕と同じ時間の電車に乗っている彼女。
あの人を見ていると別の意味でため息が出る。

さわやかで清廉、心が洗われるようだ……なんて。

その彼女が路地裏で下着をずり下ろし、陰部まで露出している。
そこには男のモノが深々と突き刺さって、何度もピストンしていて――

やがて、愛液と精液が飛び散り、生臭く淫猥な匂いがあたりに立ち込めていく。
精液にまみれ、アヘアヘとだらしなく笑いながらアクメし続ける憧れの彼女。

僕はショックで疲れ果て、帰宅もいつもより遅くなってしまった。

マンションのエレベーターで乗り合わせた誰かに声をかけられ、
力なく振り向いた僕は、その顔を見て卒倒しそうになってしまった。

「お隣の三枝さんの息子さん……よね?
お願い、今朝のことは黙っていて? なんでもするから……」
WEB SERVICE BY FANZA